激写!寝台特急富士④ラストラン
- 2009/06/25(Thu) -
とうとうやってきてしまったラストラン。
この時をどう迎えるか。
なんて大袈裟ですが、どこで撮ろうか悩みました。
あの、撮り鉄オヤジたちがたむろする有名スポット?
・・・。
怖すぎて参入する勇気ないし。。。
っていうか、場所取り無理っぽいし。
前回の中山香付近もよかったけど、
今度は違った構図で、しかも今までで一番綺麗に撮りたい!
ってことで決めた場所は、立石あたりのトンネルでした。
トンネルを出てきたところを狙うぞ!

と、その前に、

ラストランは3月13日でした。当然大分発のと東京発の便があるわけです。
大分発のは夕方近くに出て、翌日東京に着きます。
東京発のはその逆です。
ということは?
そうで~~~す♪13日の大分発のラストランと、14日に大分着の(これこそ正真正銘ラストラン)の両方を撮れるわけです。

まずは13日の大分発のラストランです。これは地元の中津駅で撮りました。
夕方の中津駅は、田舎の駅だというのにすごいことになっていました。

fuji17.jpg

ご覧のとおりです。
もうこんな状態で、富士の顔を撮りたい!という願いを叶えるのは不可能でした。
諦めて、違う方向から色々と撮ってみました。

fuji19.jpg

fuji18.jpg

一回でいいから乗ってみたかったです。

fuji20.jpg

こんなの見ると、本当にお別れなんだと実感です。

fuji13.jpg

栄えあるラストランを任された運転手さんと車掌さん。
行く先々で撮られまくっているに違いない。
きっと想い出に浸る暇も余裕もなかったんだろうなぁ。一番寂しい思いをしてるであろう方々なのに。

そして、富士はこんな後ろ姿を見せながら去って行きました。

fuji16.jpg

寂しい。。。


そして夜が明け、東京発の便のラストランです。
正真正銘、本当に最後になります。
ラストランを撮るために家を出たのが8時半でした。
さっそく駅で遅れの確認をしなきゃね♪
うちの市の駅の到着・発車時間は10時01分です。
・・・。
すでに90分遅れとのこと。
(⌒▽⌒;; ダラダラ


お天気も雨から回復傾向にあることだし、遅れはもしかしてラッキーかも。
ラストランは、どうしても渾身の一枚が撮りたい!
かっこよく、そしてのんびり走ってる姿が撮りたい!
そんな気持ちで、ここに決めました。
トンネルから出て来たところを狙うことにしました。
でもでも、近くに踏み切りがあるわけでもなく、いつやって来るのかが分からないんですよね~。ところがところが!としおさんには分かるんですよ~。
トンネルの出口近くにある草むらのなびき方が、列車がトンネルに入った時に変わるんだそうです。。。私にはよく分かりませんでしたが、ドンピシャで当ててました。
違いの分かる男だったのね。(*^▽^*)



では!その違いの分かるとしおさんの渾身の一枚です♪
寝台特急富士は2時間10分ほど遅れてゆったりとその姿を現しました。

fuji8.jpg

今までで一番いい写真が撮れました♪
通過する時、富士はポーーーー!っと汽笛をプレゼントしてくれました。
別れを惜しむかのような富士の挨拶に、しばらく私は涙が止まりませんでした。

にわか鉄男&鉄子の私たちでしたが、
追いかけまくって気持ち的には、身内気分になっていました。
これまで乗ったこともなければ、思い出もない私たちですが、
鉄道っていいなぁ。写真おもしろい。
そう思わせてくれたのが富士でした。
これからの私たちの趣味を作ってくれたのが富士でした。
追いかければ追いかける程、この真四角の顔とくたびれた色合いが愛しくて愛しくてたまらなくなりました。

fuji15.jpg

寝台特急富士へ

愛と感謝をこめて

お疲れ様でした。ありがとうね。




*参加しています。よろしければ1押しお願いします。m(__)m*
 railroad_photo88_31.gif にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ


***お知らせ***
鉄道写真関係部分だけのBLOGを作りたくて、私ひよりの、どこかにあるBLOGから鉄道関係だけお引っ越し中です。現時点より以前に撮ったものは、そこのBLOGからの抜粋エントリーだったりかぶっていたりします。「どこかで同じものを見たぞ!」という場合、私の「普通の日記BLOG」かもしれません♪ご了承下さいませ。併せて、新しく撮ったものはその都度、こちらで公開していきますので、どうぞよろしくお願い致します。***

スポンサーサイト
この記事のURL | 寝台特急富士 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<しつこく激写!寝台特急富士⑤ラストラン・その後 | メイン | 激写!寝台特急富士③>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tetukohusai.blog54.fc2.com/tb.php/6-ebda42af
| メイン |