明けましておめでとうございます
- 2013/01/04(Fri) -
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

今年のお正月は、特に出かけることもなく、のんびり過ごしていたのですが、
3日の天気を見てみると厳しい冬型の気圧配置で、中国地方では積雪の予報。

しかも山口線にはSLが走っているとのこと。
ひよりは正月から仕事なので、ちょっと遠いのですが単独行動で挑戦することにしました。


山口インターで高速を降り、国道9号を津和野方面へ走ると、篠目駅付近から一面の銀世界。
どこで撮っても絵になる風景が続き、ワクワクしながら撮影地探しをした結果、
初めてのこの場所に決定!


DSC_2481.jpg
※山口線 名草~地福※

SLじゃなくても十分絵になりますよね。

列車が来るまで、吹雪になったり日がさしたりと、露出調整を何度も繰り返しながら待つこと1時間程でお目当てのC56がやって来ました。↓


DSC_2507.jpg
※山口線 名草~地福※



ここで撮り終えて、最後まで迷った定番の徳佐駅付近に行ってみるとにしました。
着いてみると、現場は既に嵐の過ぎ去った静けさ状態でしたが、結構雪が多く大盛況だったようでした。

船平山駅方面に行ってみると、広大な田園に降り積もった雪景色がとてもきれいでしたので、
ここでしばらく待つことにしました。

真っ白な田園とバックに迫る山を狙っていたのですが、列車が来る直前に猛吹雪。
結果は画面いっぱい、ほぼ真っ白けでサッパリでした。

そこで線路に近寄って次の列車を撮ることにしたのですが、今度は雪は止み・・・


DSC_2597.jpg
※山口線 船平山~徳佐※


いよいよ復路のSLの時間も迫って来たので場所探しに、
定番の白井に行ってみると、久しぶりに見る混雑ぶりで車も近くに止められない状態でした。

外はマイナスの極寒。即座に諦めて前から気になっていた場所へ
ここは、背後が山で木の下で雪も避けられたため、結構快適な待ち時間でした。


汽笛の音を山合いに響かせながらやって来ました。

DSC_2660.jpg
※山口線 津和野~船平山※

雪が積もった杉林が綺麗だったので期待して撮ったのですが、杉の黒と車体の黒がかぶってしまうとは。



へえ。
いいお正月休みですな~。
私はすっかり仕事三昧だったというのに。。。il||li _| ̄|○ il||l
ひよりでございます。


また、お正月まで仕事か!と思ったあなた。


私のお仕事をご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、年中無休のサービス業なので、お盆もお正月も例外なくシフトで勤務しているわけです。
そして、そのシフトを作っているのは、他ならぬこの私だったりします。
(*⌒∇⌒*)だから、心配ないんですよ~。
え?心配はしてない?

まあ、あれです。ある意味、自業自得状態だったりするわけです。(*≧m≦*)ププッ

できればお正月くらいは、ゆっくりお休みしたかったんですけどね~。
サービス業は、年間で一番忙しい時期なんです。
この忙しい時期を乗り切ったら、ゆっくり鉄撮り休みを、ちょこちょこ取ろうと思ってます。
その時には、しつこくアップしますので、
今回の撮り初めは、としおさんだけで勘弁して下さい。

え?ひとりで充分だ?
(´;ω;`)ウゥゥ 
そう言わず、楽しみにしてて下さいよ~~~~~~~~。


というわけで、

今年も、こんな感じでやっていきまーーーーーーす!
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
           
                                   としお&ひより
スポンサーサイト
この記事のURL | 山口線 | CM(8) | ▲ top
<<幸福って、なんだっけ?なんだっけ? | メイン | 初雪>>
コメント
-今年もよろしくお願いします!-
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
何とも寒そうな景色ですね。私も年末年始、木次線&呉線&山陽本線セノハチ&伊丹空港&美祢線、と遊び回っておりました。
木次線ではラッセル車を狙って・・来なかった・・。
セノハチでは貨物を狙って待つこと2時間・・・来なかった。
美祢線で貨物・・来ないよぉ・・。
などと傘地蔵じゃあるまいし!!とぼやきつつ楽しく撮影しておりました。
2枚目のSLかっこいいですね!惚れ惚れします。
働くひより♪さんはともかく、としおさんの精力的な活動は鎖が外れた子犬のようで我が身を振り返りました。
ひより♪様、今年は雪が多そうなので結構楽しめると思いますよ!
2013/01/04 23:31  | URL | 俊さま #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top

-☆俊さま さま☆-
あけましておめでとうございます
今年も、よろしくお願いいたします。

えーーーーーーっと、
鎖ですか?
はい?
鎖というのは、まさかと思いますが私じゃないですよねーーー。
まさかと思いますが~~~。
(* ̄∇ ̄*)

雪の美祢線ですか~。
いいですね~~~~~~。
雪景色もよかったですが、夕陽のボーイング(ボーイングですかね?)、すごくかっこよかったです!
ドラマのシーンみたいなお写真でした。

今年は、私も雪ばっちりの写真を撮りたいです~。
今年も、よろしくお願いしま~す。
2013/01/05 00:19  | URL | ひより #-[ 編集] |  ▲ top

--
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

今年も雪景色の正月になりましたね。
真っ白の銀世界の中を走る鉄道はとても逞しく見えますね。
特にSLは煙の量が多く迫力満点ですね。
2013/01/05 19:38  | URL | 気まま #M0Gv5u3s[ 編集] |  ▲ top

-おめでとぉ-
としおさま ひよりさま
あらためまして あけまして おめでとうさんです

お正月になりますと ここ山口線はこの色になるんですねぇ
なんか知らんけど そうなってるんですねぇ

としおさま どのショットもステキですよ
これはねぇ そこに行ったもんしかわからん
ピリっとしばれる空気感があって
それが撮れるかどうかんなんですよね
今年も刺激的な写真期待してます

ひよりさま 稼いでますなぁ
家 何軒建てるおつもりですかぁ?
僕へのお饅頭が買えたらいいんですよぉ(笑)
シフト作る人の宿命ですかねぇ ・・・ かわいそおぉぉぉ
きっとか細いお体でしょうから
無理せんどってくだされ


そして 僕は ・・・ 僕は 12/29から1/4まで
自宅を離れ総額10万円のひとり旅にでてました
旅のテーマは “感染性腸炎隔離個室旅”という
ユニークなもので 行く先は 門司JR病院 3階 326号室でした
一週間絶食(ひよりさんならそこで失神しますよね)点滴が友
そこで 人生なんたるかを再認識して
昨日帰還いたしました
認識したことのベスト1は ・・・
カミサン手料理の超超超美味いこと あらためて
おもいしらされたしだいでございます

アップしようにもネタもなにもなく
僕のブログには年末年始の吹きすさぶ風が吹いておりました
これからも ありませんが
来週くらいにデジブックを2ケ程揚げときます

ことしは お山から降りてきたときの楽しみができました
死ぬまでに一度でいいからあったらいいなぁ
その巡り合いを夢みて今年も暮らします

どうか いい一年を!!


 
2013/01/05 20:56  | URL | タブレット #-[ 編集] |  ▲ top

-☆気まま さま☆-
あけましておめでとうございます

雪とSLいいですよね~。
モノクロームな墨絵のような世界になるからなんですかね~。
私も行きたいです。

今年も、ぼちぼちがんばりま~す。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
2013/01/06 00:09  | URL | ひより #-[ 編集] |  ▲ top

-☆タブレットさま☆-
あけましておめでとうございます


家!!!
そんなに稼いでないですよー!
貧乏暇なしって、昔から言うじゃないですか~~~。
宝くじが当たったあかつきには、どこかの線路沿いに「快適に撮れるお立ち台」(具体的には足場が良くて屋根つきとか~)を建てたいという野望だけはありますが。
(*≧m≦*)ププッ

「か細い」ですか!!!
(*≧m≦*)あはははははは
そんなにか弱かったら鉄撮りにガツガツ行けないじゃないですか。

まあ、そんなことはどうでもいいんですが。
お身体、大丈夫ですか?
大変でしたね~。まさかの病院での年越しでしたか!

私も病院とはなにかと縁があるようで、何度か入院しました。
時間が有り余ってしまう分、病気と親密におついあいする分、シンプルに「生」を考える時間に恵まれました。(「24」を観る時間にも恵まれましたが)
にしても、一週間の断食だなんて。。。間違いなく「ケンタッキー食わせろ病」になります。

病み上がりなんだから、お山に登ったりして、あまり無理しないで下さいよ~。

今年も、ぼちぼちいきましょう!
よろしくお願い致します。
2013/01/06 00:32  | URL | ひより #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/01/11 14:16  | | #[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/01/11 14:18  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |